« 雪だ | トップページ | 3連休(実質2連休) »

2010年3月14日 (日)

テマトラン:青空駐車の強い味方(ボディカバー):アルファロメオ

久々に野外工作したので、報告します。

20100313_014

アルファスパイダーはご存知のとおりオープンカーです。幌車です。

鉄板の屋根がある普通のクルマと違い、幌の耐久性や盗難防止の意味でも、車庫に入れるのが理想であります。しかし、我が家には車庫がありません。

ボディーカバー(ラッパーズなど)も考えたのですが、擦り傷が付くとか、かぶせるのが面倒とか、外したあとのおき場所に困るとか、蒸れるとか、いろいろネガティブな話を聞くので躊躇しておりました。

と、そんな時、こんないいものを見つけました。

テマトラン
↓↓↓
http://www.araden.co.jp/car/tema.html

名前がアレですがなかなか良さげです。

■楽天で探す
テマトラン1型 車長 4.65~5.15×車幅 1.90×車高 1.55 mまで

テマトラン2型 車長 3.80~4.64×車幅 1.80×車高 1.55 mまで

TSKが購入したサイズは2型です。916スパイダーにはこれがぴったりです。このテマトラン、ネットでの評判はなかなか高いようです。それならば是非!と思ったのですが、ここでひとつ壁にぶち当たりました。

テマトランの設置には、台座を固定するためにアンカー(鉄杭)を打ち込まなければなりません。
うちの駐車場はアスファルトなので、長い長い杭をガンガンと・・・そもそも大家さんがそれを許してくれるかどうか・・・
とりあえず大家さんに相談に行きました。資料を見せると「ああ、ダメだね。その場所は下に排水管が通ってるから。」と、悲しい一言。設置の夢は暗礁に乗り上げました。

・・・と、思ってネットを徘徊していたら、このテマトランの設置に救世主が現れたのです!
今ではもうページが閉鎖されたらしく探しても見つからないのですが、自動販売機の下に置くコンクリートブロックを使う方法です。

■日本一詳しい(?)テマトラン設置マニュアル

この方法は正規の設置方法と異なるので、もしも参考にする方がいたら自己責任でお願いいたします。

自販機据付用コンクリート石版「Vベース」
http://www.oomuracon-co.jp/goods/vbase/index.htm
http://www.sasakiblock.com/vbase.html

このVベースを2個購入し、そこにテマトランの台座を固定します。これがまた標準セットかと思うくらいに見事なマッチングを見せます。
Vベースのオプションである「自販機固定用ボルトセット」を4本購入すると、テマトランの台座にぴったり設置できるのです。偶然とは思えないほどにぴったりです。

Vベースレールブロック 2個購入
重量:62kg/個
サイズ:W300 x H100 x L900(mm)
1個3000円弱、2個で6000円ほど。ボルトナットセットは90円×4本。(2010/03現在)
送料は別途かかります(TSKの場合、2500円でした)

ちなみにこれ、一人で運ぶのは至難の業です。大人2人で運ばないと危険です。地面に置いてしまえば、ズリズリとずらして動かすことは可能ですが。ブロックの上にあるのがテマトランの台座です。

20100313_001

固定用ボルトはコレ。ワッシャーが2枚。

20100313_002

Vベースの側面を見てみる。溝の広くなっている部分にボルトのワッシャーを入れる。

20100313_003

ボルト4本で台座を固定する。ナットは19mm。ほんと、嘘みたいにピッタリ。

20100313_004

台座をしっかり固定したら支柱を差し込んでボルト留め。ナットは13mm。

20100313_005

「く」の字にまがったフレームを差し込んで固定。ここも13mm。はっきり言って使う工具は19mmと13mmだけ。

ボディカバーを裏返しに広げて骨組みを差し込んでいく。

骨組みはただのまっすぐの棒。太さが2種類あるので間違わないように。差し込む場所はちょっとわかりづらい。

20100313_008

骨組みを全部入れたら、表向きにして鉄製のリング部分をまとめてフレームに差し込む。

20100313_009

拡大写真

20100313_010

フレームにFRPのポールを入れる。びよーんと長い。

20100313_011

スルスルとカバーを引っ張って、バンパー下にかぶせてフロントと腹下のフックを止めれば完成。

20100313_012

見た目はまさかスパイダーが入っているとは思えないボリューム感で、かなり大きく見えますが、横は車体に沿っているので、邪魔になりません。
あける時はポールの反動を利用して、簡単に後ろに纏まります。

20100313_013

トランク、屋根、ボンネットの上にはカバーが触れないので、傷も蒸れも大丈夫だそうです。カバーは完全防水ではないので、雨は滲みるそうです。サイドはカバーが常に触れていますので、ある程度の擦り傷はできると思います。なお、カバーの内側は、起毛などの処理はありません。

デルタも錆びやすいクルマです。オープンカーや錆びやすいクルマを所有するオーナーさんは検討してみてはいかがでしょうか?

 
■楽天で探す
テマトラン1型 車長 4.65~5.15×車幅 1.90×車高 1.55 mまで

テマトラン2型 車長 3.80~4.64×車幅 1.80×車高 1.55 mまで

※Vベース購入に関しては、メーカーである大村コンクリートさんにメールで問い合わせたところ、最寄の取り扱い会社を教えてくれました。

■追記 2011/2/1
私がコンクリートブロックを購入した会社をご紹介します。掲載許可は戴いています。今回手配していただいた担当の方は、偶然にも147GTAに乗っていた事もあるアルフィスタの方でした。

株式会社サイコン工業
http://www.k-saicon.co.jp/index1.htm
埼玉県春日部市梅田2-4-26
TEL 048-754-4464 FAX 048-754-4465
Vベース紹介ページ
http://www.k-saicon.co.jp/baseblock/smartbase.html


検索用: アルファ アルファロメオ ボディーカバー alfa alfaromeo alfaspider spider

|

« 雪だ | トップページ | 3連休(実質2連休) »

アルファスパイダー」カテゴリの記事

車・ランチア・デルタ」カテゴリの記事

コメント

Vベース(石板)も万能でなないので、台風の日にはしまった方が良いですよ。
風はらんだら、簡単にひっくりかえりますよん。

投稿: かつみ | 2010年3月14日 (日) 23:40

うむー・・・
やっぱりそうですかね。
結構満足していたんですが、そういわれちゃうと心配だなぁ・・・
様子を見ながら使ってみます。

投稿: TSK@管理人 | 2010年3月15日 (月) 00:41

腹下にも横一本のベルトがあるから、そこそこ頑張ってくれると思うんですけどね。これがちぎれるくらいの強風なら、さすがにカバーとか言っていられないでしょう。

投稿: TSK@管理人 | 2010年3月15日 (月) 08:38

ごめんなさい、言葉足らずで。

Vベースはもともと自販機の足元で地震での転倒を防ぐための
ものです。

自販機は満タンで500~600kgの鉛直方法の質量が加わり、かつ、Vベースの質量で重心が下がることで転倒防止を図ってます。

本来はコンクリートに直止め(アンカー固定)が基本ですが、それが出来ない場所で使います。直止めと同等効果を出すためにはそれが3枚~4枚連結する必要があります。

カバーかけた状態でしたら大丈夫でしょうね。けど
不在時が心配かと思った次第。

不安にさせてごめんなさい。

一応、飲料メーカにお勤めしてますので。。。

投稿: かつみ | 2010年3月17日 (水) 00:36

そうでしたか。プロのお言葉は説得力があります!

連休中の強風は無事耐えてくれました。
周りのクルマが黄砂で汚れる中、うちのは綺麗なまま・・・のはずです。
実はカバー開けて見ていないので、わかりません・・・(^^;;

投稿: TSK@管理人 | 2010年3月23日 (火) 11:06

初めまして
テマトラン探して辿り着きました。

その後の調子はどうですか?
擦り傷具合がちょっと気になります。
また強風時の面でもちょっと不安ありで買うか迷ってます。

投稿: わっち | 2011年1月29日 (土) 05:13

お問い合わせありがとうございます。
設置からもうすぐ1年になりますので、感想を書いておきます。

1)擦り傷について
もともと無頓着な私ですので差し引いてお考え下さい。まず傷については全く気になりません。ボディも白ですし、それ以前に中古で買った車ですので気にしていません。私はボディ保護よりも希少なベージュの幌を守りたかったので。

すり傷の心配があったとしてもサイド部分だけで、少なくともボンネット、ルーフ、トランクには傷は付きません。

傷が目立つカラーの場合は気になるのかもしれませんが、そこは個人の感覚となります。おそらく神経質な方は、ガレージ保管と日常的なボディケア、定期的なプロの磨き&コートが必須と思います。プロの磨きは本当にすばらしい技術で、新車のようになりますよね。傷がついたら磨けばいいと割り切るのも一つの方法と思います。

それよりもホワイトは水垢が気になります。青空駐車の時のようなドアミラーやドアノブ部分から垂れ落ちる水垢ではなく、ボディーとカバーが接触していたエッジ部、キャラクターラインなどに水垢が付きます。しばらくカバーをかけていた場合は、カバーを外した後で水垢クリーナーでゴシゴシという作業が発生します。この時の作業の方がむしろ傷が付くような気がします。私は気にしませんが・・・

しかし、ボディー全体の汚れ方は青空駐車の時とは雲泥の差です。隣りにもう一台、青空駐車のMPVを留めていますので汚れ方の差は良くわかります。黄砂、雨ジミ、ホコリ、鉄粉など、本当に良く汚れを防いでくれます。カバーにかぶっているホコリや汚れがそれを物語ります。

2)強風については全く気になりません。確かにかなり風になびきますが、何度台風を体験しても問題ないです。吹き飛ばされそうな事はありません。コンクリートブロックもびくともしません。その為には腹下のベルトは必須です。これがなければ風に煽られてカバーが外れると思います。私は腹下ベルトは必ずつけています。

総評として、カバーを使っていて大正解と思います。防犯上も安心です。参考になれば幸いです。

投稿: TSK | 2011年2月 1日 (火) 19:26

とても参考になります。
台風や強風などは出勤中に対応できないので気になってましたが、台風でも問題なさそうで安心しました。

投稿: わっち | 2011年2月 1日 (火) 22:56

「テマトラン」でここにお邪魔してます。
aradenのHPの「カバー雑学」を見ると、カバーの寿命は長くて2年なんて心細いことが書いてあります。
4万円も出して2年でまた3万のカバー補充品を買うことを考えると逡巡してしまうのですが、1年経過して劣化の気配はありますか?

投稿: 8man | 2011年4月10日 (日) 23:10

私もテマトランを愛用しています。
 2012年11月から使用してますが、先日、センターポールに「折れ」が発生しました。(約3年半の使用で)
完全に折れて切り離れたわけではなく、折れ筋が入ってポールの弾力がなくなり、ポールの先が普段よりだいぶ下がった状態になりました。このまま使用続けると、ポールの先が下がり多分車体の屋根に接触してしまうので、テマトランとしての機能は消滅です。。
 折れ筋が入った位置は、ポールを差し込むフレーム(パイプ)のエンド部分(端)です。テマトランの構造上、ここはセンターポールに一番負荷のかかると思われる位置です。
 現在は、ポールをひっくり返して使用しています(笑)。(つまり折れ筋の入っていない先頭の方を差込み、折れ筋の入った方を先頭に)
ポールの寿命だとすれば、こちらもそのうち折れるでしょうから、センターポールの交換が必要かも・・・。
●TSKさんのセンターポールの状況は現在いかがですか?

投稿: fukasougo | 2015年6月 3日 (水) 13:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12732/47804499

この記事へのトラックバック一覧です: テマトラン:青空駐車の強い味方(ボディカバー):アルファロメオ:

« 雪だ | トップページ | 3連休(実質2連休) »