« スピードレーシング:ブラジル追加 | トップページ | Trick or Treat or Overheat?! »

2009年10月21日 (水)

100万回生きたねこ

100万回生きたねこ
小さい頃から不思議と心に刺さっていた絵本。大人になってから自分用に買って、やっぱり名作だなと思い直していた。うっかり読むと涙腺にくるから要注意。

我が家の2歳4歳に読んでやるにはまだ早いと思っていたが、先日はじめて子供達にせがまれて読んであげた。なるべく感情が入らないように、サラッと読むように気をつけながら。


王様が大嫌いでした
泥棒が大嫌いでした
泣きました
死にました

否定的だったり、悲しい事だったり、あまり普通の絵本に出てこない表現が多く、息子さんは「なんで?どうして?」を繰り返し聞いてくる。
そう、俺も小さい頃そう思ったんだ。なんだこの絵本?って。君よりもう少し大きくなってからだけど。

最後まで読み終えても息子さんの疑問は消える事なく、また翌日もその次の日も、読んでと持ってきた。
二回目三回目からは、自分なりに理解したがっているように見えた。

絵本タイムじゃない時に突然「ねこはくるくる回ったんだよね」「白いねこが好きなんだよね」と確認するように聞いてくる息子さんを見て、4歳でも全然早くはなかったなと思った。

TSKなりの考えを押しつけずに、このままいっぱい悩ませてやろうと思う。俺のように心に刺されよ、息子さん。


※スパイクのように「俺は猫が嫌いだ」とジョークを言えるようになると一流。カッコ良すぎる。

|

« スピードレーシング:ブラジル追加 | トップページ | Trick or Treat or Overheat?! »

コメント

「おじさんのかさ」もいいよね。

作者の佐野洋子さんのエッセイもなかなか面白いよ。あんまり男の人向きじゃないかもしれないけど機会があったら読んでみて。

投稿: ゆう | 2009年10月22日 (木) 09:15

おじさんのかさ、しらないなあ
早速本屋で探してみるよ!
ありがとー!

投稿: TSK@管理人 | 2009年11月 1日 (日) 21:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12732/46542340

この記事へのトラックバック一覧です: 100万回生きたねこ:

« スピードレーシング:ブラジル追加 | トップページ | Trick or Treat or Overheat?! »