« 吉兆的な問題 | トップページ | 母の日似顔絵 »

2008年5月 9日 (金)

緊張のプレゼン

7日は社内プレゼン大会(昇格試験)だった。

うちの会社の昇格制度は、まず先期の個人評価によってプレゼンに挑戦できるか否かが決まり、二次審査のプレゼンに合格すると昇格するという二段階のシステムになっている。好き嫌い人事を払拭するにはいいが、受験する立場になるとなかなか厳しい。

この制度ができる前に棚ぼたで出世してしまった先人達の中には、ほんとに無能な人もいる。なんたるラッキーかと。

で、お題目は「上位職になったら何をしたいか」
あえて漠然としているのが会社の作戦。上手いなあ。

去年はじめて挑戦権を得たけど、見事に落選。けちょんけちょんのボロカスにされてかなり凹んだ。まあ自分が悪いのだが。

今年もありがたくアタックチャンスが回ってきたので、自分なりに頑張ってみたが…まあ去年よりは良かったかな、というレベル。実力以上のプレゼンは付け焼き刃じゃ無理ってことで。

ちなみにこのプレゼン試験、毎年GW明けの朝一番から順次行うので、該当者にとっては休みなどあったもんじゃない。不安と緊張に苛まれながら、家で悶々と資料を煮詰めなければならず、ほんとにキツいGWの名物になっている。

うちはチビらが起きてる時はパソコンを使わないので、いつも寝静まってから。つまり自分も眠い時間帯…娘さんはマイペースでビービー泣き叫ぶから、ほんと仕事にならんかった。

夜中に資料作って翌日見ると、なんやアホなことばっかり書いてるし。仕事の資料とラブレターは夜に書いちゃいかん。

作った資料はA3一枚のみ。前にも書いたけど、ページ数が多いだけで中身の薄い「パワーポイントバカ」にはなりたくない。
ま、落ちたら俺がバカだけど。

出世は興味ないけど仕事は好きなようにやりたい。その為にはやはりある程度のポジションは必要なわけで。
独立できない根性無しは、振れ幅小さくても充実できる方法を身に付けなきゃ。
所詮、雇われサラリーマンの悩みなんて独立している人に比べたら気楽なもんだ。植木等に笑われる。

|

« 吉兆的な問題 | トップページ | 母の日似顔絵 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12732/41151238

この記事へのトラックバック一覧です: 緊張のプレゼン:

« 吉兆的な問題 | トップページ | 母の日似顔絵 »