« わーっと来た話 | トップページ | 15執念車検 »

2007年10月 9日 (火)

日赤血液事業赤字148億円

昨日の朝日新聞の朝刊TOP
http://www.asahi.com/life/update/1007/TKY200710070122.html
誰だ?ボンクラは?誰がカネにたかってるんだ?

146億もあった余剰金を3年で使い果たし、さらに赤字に拍車がかかるとは情けない。交通費払って、ムリに時間を作って、痛い思いして、わざわざ献血に行ってるドナーに対してどう説明するんだ?現場で働いているスタッフに申し訳ないと思わないのか?

お菓子やジュースや粗品をやめれば?なんて話もあるが、そんな事でここまで赤字が膨らむとは思えない。長期的に献血に協力している人はオマケなんてどうでも良くて、何らかの目標を持って協力している人が多い。献血の敷居を下げるオマケだと考えれば、無くすのは得策と思えない。
そんな事より、先を見越せなかった上層部、ラクして潤ってる社員、血液事業に乗っかって甘い汁吸ってる癒着業者がいるはずだ。

血液の供給量が減るのは仕方が無い面もある。集めても使えない”問題ある血液”が増えているのも事実。しかし、ドナーが増えれば一気に解消するような額じゃないのは確か。構造を変えなければどうしようもない。こんなところで税金使ったら許さないよ、日赤さん。

|

« わーっと来た話 | トップページ | 15執念車検 »

献血・骨髄移植」カテゴリの記事

コメント

お~~っ!
久しぶりに怒ってますね~

こういうことで献血に行かなくなっちゃう人が増えることが怖いですね

私達国民がしっかり監視していきましょう!

投稿: 大ちゃん | 2007年10月10日 (水) 09:35

>大ちゃん
そう!そして、献血ができる人は自分が可能な範囲で協力してくれることを願ってます。
ということで、つい先日も献血行ってきました。誰か使ってくれたかな、俺の血。

投稿: tsk@管理人 | 2007年10月16日 (火) 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12732/16711979

この記事へのトラックバック一覧です: 日赤血液事業赤字148億円:

« わーっと来た話 | トップページ | 15執念車検 »