« 本社ネットワークダウン | トップページ | コートを脱いで »

2007年3月26日 (月)

MP3 vs ATRAC3plus

いまさらですが

ソニーの「何でもかんでも独自方式」にはなんとなく否定的なイメージを持っていたが、メモリプレーヤーに限って言うとATRAC3plus(以下ATRAC)方式の音の良さはちよっと偉いぞ、と思った。

確かに、今聴き比べているのは、SONYのソフトを使ってMP3及びATRACにしたものなので、そこは割り引いて評価しなければいけない。MP3はソコソコのエンコード能力で、ATRACは独自方式なので気合が入っているのだろう。

ちなみに今耳元で流れているのは初期のYMO。ある意味、最も違いがわかりやすいかもしれない。「中国女」など、MP3だとヒュルヒュルしゅるしゅるな音になる曲でも、同圧縮のATRACだとそれが発生しない。さらに圧縮率を上げていっても問題なし。もちろん高音域がぐっと減ってくる感じはあるが、それでもデイヴウィックルのスネアは瑞々しく、若かりしスティービーの声も艶やかに聞こえる。その分どこかにしわ寄せがあるはずだが、それをあまり感じさせない音づくりは評価してあげたい。

もちろんMP3には様々なエンコーダーがあるので、工夫次第で良質なMP3ファイルができあがると思う。今回私が誉めているのは「ツルシのアプリケーションでここまで頑張ってます」的なソニーの姿勢。ま、このこだわりが様々な「SONYシバリ」を生んでいるのも確かなんですが。

…なんて分析をしている京浜東北車内。電車遅延で全く進まん。いつ出社できますか?tskは。
まあいいや。まったり行こう。

|

« 本社ネットワークダウン | トップページ | コートを脱いで »

音楽・CD」カテゴリの記事

コメント

ワタシの場合だと音が悪いと思いつつmp3でおっけー派です。
OS、プレーヤー気にしなくていいもんで…
圧縮音源に関しては音質より使い勝手を優先してますわ。

Mac屋の友人から音源もらうときとかうっかりAACで送られるので
聴けなくて困るのがトラウマになりかけてるんですよね…

投稿: sigeziro | 2007年3月28日 (水) 00:39

もちろんMP3はデフォルトということで重宝してますよ、ええ
でも、ウォークマンに入れるときは、ATRACに自動変換して入れてるのよ。圧縮を落としてもあまり気づかないから1Gしかない容量を効率よく使うには便利なのです。

投稿: tsk@管理人 | 2007年3月28日 (水) 02:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12732/14408092

この記事へのトラックバック一覧です: MP3 vs ATRAC3plus:

« 本社ネットワークダウン | トップページ | コートを脱いで »