« ♪BIOS飛んだ | トップページ | 二歳の誕生日と二語文 »

2007年1月25日 (木)

献血失敗

tskの血管は献血に向いていない(らしい)

今まで幾度も針を刺すのを失敗されている。

採血時に血管内壁が針穴に貼り付いて針の中で血が固まってしまったり、返血時にパンパンの内出血になったり。

事前に失敗しやすい血管だと告げると、たいていは腕全体をしっかり温めて血管を元気にしたり、ベテラン看護師さんにチェンジしてサクッと一発でミスなく決めてくれたりする。しかし毎回そのように気を使ってくれるわけでもなく、ベテランさんが私のために待機しているわけもなく、こちらからいちいち注文をつけるのも失礼な話なので無理強いはしない事にしている。

そして先日
またやられてしまった
頼りない感じの人だったがベテランさんと交代せず、下準備もほどほどにいきなり刺して失敗。血が吸えない状態になって、アレ?おかしいな?と言いながらビビった顔で針を動かしている。
またやられたか…という感じ。

針先を動かすたびに痛みが強くなり、さすがに他の人に変わってくださいとお願いした。申し訳ありませんと言っていたがほんとそのとおり。彼女はもう少し「申し訳ない顔」の練習をしたほうがいい。薄ら笑いで謝られて気分のいい人はいない。

結局この日は献血開始早々に中断。また数週間待たなければ献血できない。この寒い時期、体調が良くて暇な日はなかなか無い。お互い貴重なチャンスを無駄にしてしまった。

わざと失敗する人なんていないのは十分わかっているが、わざわざドナーが減りそうなネガティブな話をtskなんかに書かれなくても済むように、トラブル時の対応も勉強しておく必要はあるだろう。

今回はさすがにまいったので、データベースに血管の特徴や注意点を書き残してくれとお願いしてきた。毎回あれこれ説明する手間を省きたいんでね。

AB型の血小板をひとり分無駄にした都内某献血ルームさん。次は改善している事を期待します。痛くても腫れても、こっちは負けずに行きますから。

|

« ♪BIOS飛んだ | トップページ | 二歳の誕生日と二語文 »

献血・骨髄移植」カテゴリの記事

コメント

ボクもよく失敗されてしまったり時間が掛かり過ぎたり
献血バスに行くのが勤務中だったりもするもんですから
去年あたりからは直前に腕立て伏せしてウォームアップ
するようにしてますね(^^;

投稿: くすりや | 2007年1月25日 (木) 23:02

少し脱水ぎみなのかなー?
たまにいい血管しているのに引けないじいさんいるよ。血圧低いとか?
でも、血液センターの人が失敗するんだから相当手ごわいんだね。
針が太い分、失敗したら即抜かないとすぐに内出血だよね。
もしかしたら、針の刺しすぎで、血管壁硬くなっているのかもね。
人間は外部からの侵入を避けるために、日々進化していくから、血管も刺されないように努力しているんだわ。
病気がちな人が、どんどん刺せる血管なくなっていくから・・・TSKも刺される血管今後のために、いいやつは残しておいたほうがいいよー。自分が病気になったときに献血のやりすぎで血管なかったら辛いよね。

投稿: K子 | 2007年1月26日 (金) 17:52

>くすりやさん
ほほう、腕立て、キキますか?
やってみようかな~

>Kちゃん
血圧は普通だよ
欠陥は決して細くないらしいけど、プロが言うには平べったい血管らしいよ
血管を残しておくという話、はじめて聞いたよ
そんな事もあるんだねぇ

投稿: tsk@管理人 | 2007年1月28日 (日) 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12732/13657373

この記事へのトラックバック一覧です: 献血失敗:

« ♪BIOS飛んだ | トップページ | 二歳の誕生日と二語文 »