« 歌ってふざける | トップページ | じゃあ空気で走ろうか »

2006年9月26日 (火)

もっとディーゼルに乗せてくれ2

20060926_000
前回書いた「もっとディーゼルに乗せてくれ」を踏まえて。

ホンダがディーゼルに本気出してきました。世界で最も厳しいと言われるアメリカの基準をクリアしたホンダのディーゼルエンジンが昨日発表されました。

すでにホンダでは2003年に欧州向けアコードに自前の2.2Lインタークーラーディーゼルターボを搭載しており、一定の評価を受けてたようです・・・と、なんとなく他人事なのは、日本で売ってないから。売っていればとっても試乗してみたいんだけど。残念。
今回はそのエンジンのリファイン版らしいです。NOxを思い切り減らしたそうですよ。すごいねホンダ。ガソリン焚いて「VTEC8500回転ですよ」だけじゃないってところがイイ。願わくば、alfaromeoの200馬力オーバーなディーゼルターボに負けない、スゴくてキレイめのディーゼルも期待したいところ。

ご存知のとおり、ディーゼルの排気ガスはいわゆる「スス」は多いけど、ガソリンエンジンよりも二酸化炭素(CO2)が少ない。見た目が黒いという安直な理由で、アホな都知事がペットボトルにスス入れて「ディーゼル締め出し」とかやってしまったわけで。東京からディーゼルが居なくなっても、他で走っていれば一緒なんですよ。地球的に見れば。
世界的に二酸化炭素を減らしてオゾン層を守ろう・温暖化を止めようと考えている中で、ヨーロッパのディーゼル推進はやはりすごい。フランスでは新車の7割がディーゼルらしい。ほえ~。

で、このホンダディーゼル。なぜ日本で走らせないのかは良くわかりません。軽油の質がヨーロッパと日本で違うからという説もあるようですが、ほんとの所はそこまで私も調べてません。ごめんなさい。
どなたか調べがついたら教えてください。

※tuneさんちのデリカスターワゴンがナンバーを継続できなくなった事実を目の前にして、レクイエムの意味をこめてのエントリーでした。

■欧州現行モデル:アコードディーゼルターボ
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000015583.html
http://www.drivingfuture.com/car/honda/sp041110_01/

|

« 歌ってふざける | トップページ | じゃあ空気で走ろうか »

車・ランチア・デルタ」カテゴリの記事

コメント

>どなたか調べがついたら教えてください。
TBしときます。

投稿: P307HDi | 2006年9月27日 (水) 03:13

追悼記事サンキューです。

まぁ、日本の場合、デーゼル=黒煙で、
悪者イメージありますからねぇ~。
ごく一部の極悪トラック野郎が悪いだけなんですよ~、ホンマに。

慎太郎のばかやろぅ~うぉ~。

投稿: tune-up | 2006年9月27日 (水) 18:44

元々、日本には環境の為にディーゼル車を買った
などと言う人間は殆ど(一人もと言っても良い)
居なかった訳で、私が住んでる北海道でも燃費と
コストだけ、大型車や四輪駆動車でもトルクだけ
で市場が推移して来て、環境だの何だのと言い出
したのはここ数年の話でしょう、これは欧州でも
同じ話で、燃費とコストでディーゼル車の比率が
高かっただけだったのが、たまたま温暖化対策で
ディーゼル車の評価が上がって、これ幸いに便乗
しただけの話ですしね、だからユーロ規格も中身
は殆ど大気汚染対策ですしね。

日本でディーゼルが普及しないのは、固定観念と
何事にでも企業、業界、社会、政治と言った実体
の曖昧な法人格に責任を押し付けて、自分は関係
無いフリをする日本人特有の気質が原因でしょう

一部(商用車やメーカー)の責任で、他(自分)
は関係無いとか言う、日本人の独特な言い訳にも
顕著に現れますね、一部に自分達が含まれる事は
絶対に無いし、危なくなると市民とか消費者とか
言って大逃げを打つし。

二酸化炭素ばかりが環境問題では無いでしょうし
ガソリン車が出すものもあれば、ディーゼル車が
出すものも当然ある訳で、慎太郎(東京都)の
行動もある意味では必然なのかも知れません。

ただ、パフォーマンスが確信犯過ぎて特定の車種
が割を食った感はありますが、とは言っても出す
ものはきっちり出してる訳で。

まぁ、日本においては国内に数十万人いるらしい
喘息患者等の健康被害対策の方が最優先と言う事
なのでしょうね。

ディーゼルに限らず、エコカーに関しては完全に
利益主導で話が進んでますしね。

米大陸はエタノール、欧州は(バイオ)ディーゼ
ルと言った感じで、実績(ノウハウ)のある既存
技術で経済圏を囲い込んでるだけですし。

高性能と言っても、性能の(数値)の半分近くは
ターボが搾り出してるだけって言うのは、国産車
が数十年やって来た典型的な手口だし。

おおよそ日本では捕まるだけの回転数で発揮する
高性能など何の意味も無いのは、ガソリン車でも
ディーゼル車でも同じ事だろうし。

数年前に流行った直噴ガソリンエンジンと同じで
性能が良いのは最初だけで、数年建って車検の頃
には並の車って罠の可能性も払拭出来て無いし。

とりあえず、もう少し当たり前な車格の車に普通
のエンジン載せて、日本の道路交通事情での経年
変化の実測値が出揃ってみない事には、理解とか
普及以前の問題でしょうね。

投稿: tacosuke | 2006年9月29日 (金) 02:46

>P307HDiさん
ありがとうございます。ひじょーに勉強になりました。すばらしーBLOGをお持ちですね!

>つねUPさん
ひどい話ですね、ほんとに
政治家のポーズの為に利用されたって感じ・・・

>tacosukeさん
概ね納得です。見解がはっきりしていて面白かったです。
喘息患者の為にやったとしたら、やっぱり石原さんの考えはおかしいと思いますね。全国で禁止にしなきゃ。

投稿: TSK@管理人 | 2006年10月 7日 (土) 00:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12732/12044231

この記事へのトラックバック一覧です: もっとディーゼルに乗せてくれ2:

» DAY557 「みかみ先生」に軽油のこと、教えます。 [PEUGEOT 307 HDi]
プラグイン・ハイブリッドの(2)のつもりでしたが、EURO DIESEL FAN BOARDにタレコミ(笑)がありましたので急遽変更です。 まずは以下の記事をご覧ください。 『車のまぐまぐ!』安全博士・みかみの「ゴールド免許の取り方教えます」(日本と欧州でのディーゼル車の扱いの違いって?)海外と日本ではなぜ、こんなに評価が違うのでしょうか?こんなに評価の高いディーゼル車が、なぜ日本で販売されな�... [続きを読む]

受信: 2006年9月27日 (水) 03:15

« 歌ってふざける | トップページ | じゃあ空気で走ろうか »