« 寝返りの代償 | トップページ | ゴミ箱カホン »

2005年6月 3日 (金)

離乳食教室

今日は会社が休みだったので、離乳食教室に参加してきました。

それにしても、いろんな教室がありますね。これも核家族化の影響なんでしょうか?でも、こういう教室を開いてくれるってのは良い事だと思います。ママさん達の交流を深める意味でも。ちなみに今回出席したチビ&ママさん達は4ヶ月前後でした。

今回の教室は市が主催している教室で、参加は無料。私は離乳食の作り方云々よりも、離乳食の必要性について、どう説いているのかに興味があって参加しました。現地に着くと・・・男は俺だけ・・・平日だもんな。あたりまえか。

離乳食の作り方は置いといて、与え方について教えてもらった事は・・・

・離乳食は母乳やミルクを止めるための食事ではない
・あまり早い時期からの離乳食は必要ない(5ヶ月以降)
・本人が食べたいという意思を見せてからで良い
・スプーンに慣れる為、白湯や麦茶などを少量づつ与える
・果汁を飲ませるのは味に慣れさせるだけ。極少量でよい
・イオン水(ポカリスエット等)を哺乳瓶で飲ませてはいけない

ざっとこんなところです。果汁とイオン水はかなりの糖分が入っているので、虫歯の発生率がとても高いそうです。ゴクゴク飲ませる必要は全く無く、むしろ止めなさいと言ってました。

概ね私の考えと一緒だったので安心して聞いてました。個人的には、早くから果汁や離乳食を与えようとは思っていませんし、実際に与えていません。
信頼している助産院では、できるかぎり母乳をたくさん与え、離乳食は1歳くらいから始めても遅くない。食べさせるとしても、しばらくはおかゆだけで十分と言われています。
ただし、咀嚼については母乳では勉強できないと思うので、時期がきたら、それなりのものを与えていこうと思っています。

会場では栄養士の先生が作ってくれた離乳食が配られました。せっかくなので、今まで母乳とミルクの味しか知らなかったうちの息子に、ほんのちょっとのおかゆを味見させてみました。

okayu
・・・なにこれぇ?


結局ヨダレといっしょに排出されました。栄養士の先生、農家の皆さん、ごめんなさい。

|

« 寝返りの代償 | トップページ | ゴミ箱カホン »

育児」カテゴリの記事

コメント

おーー、もう離乳食教室ですか。
うちは来月です。
(というかそんなものがあることを忘れてました)
とたんに楽しみになって日程チェックしちゃいました。

離乳食の与え方については正直意外です。
もっと、早期離乳食を進めるのが行政のやり方なのかと思ってました。
母子手帳も、離乳食の早期開始を推奨してるっぽい書き方をしてるから。
うちも大人の食べ物に興味を示すまでは母乳でいくつもりなので、これなら素直に聞けそうです。

しかし、はじめての離乳食への猜疑心(?)が表れたいい写真ですね~(^^
まさに「なにこれー」なんだろうなぁ。
きっと食べ物だと思ってないに違いない^^;

投稿: hiro | 2005年6月 4日 (土) 21:59

ほんと、意外でしたよ

確かに、ん?と思う事も少しだけありましたが、あくまでも準備の教室なので、急がなくていいという指導でした。

離乳食、いがいと美味かったですよ。おかゆ、カボチャの煮たやつ、リンゴ+にんじん。
もっと、ウワッてなるかと思ったら、まともでした。

うちの奥様、試食の離乳食、2皿平らげました(笑

投稿: TSK | 2005年6月 5日 (日) 01:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12732/4395530

この記事へのトラックバック一覧です: 離乳食教室:

« 寝返りの代償 | トップページ | ゴミ箱カホン »