« 三昧 | トップページ | 声出して笑った »

2005年5月 4日 (水)

三丁目が戦争です


三丁目が戦争です三丁目が戦争です

軽く衝撃の絵本です。

いじめっ子の女の子と、勇気を振り絞って立ち向かう男の子の話を書いた絵本ですが、話はどんどん危険な方向へ…
いい本でした。是非是非、親子で読んで下さいませ。

作:筒井康隆
画:永井豪

※原作は1971年の作品だそうです

|

« 三昧 | トップページ | 声出して笑った »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

これ、漫画ではなくて、絵本なんですか?
学生時代に筒井康孝の小説が大好きでよく読んでいたのですが、彼の得意とする分野は「どたばた小説(って言うのかな)」ですよね。
絵本という響きとはギャップがありすぎです。(笑)
ちょっと興味を引かれちゃいました。
そう言えば、「ママはぽよぽよザウルスがお好き](青沼貴子:婦人生活社)って知ってます?結構笑える子育て漫画です。

投稿: さんぱつや | 2005年5月 7日 (土) 07:40

そうそう、絵本なんです。
見事に絵本です。
永井豪が絵を書いているのも興味深いです。

ストーリーは確かにどたばたですが、最後は一気にシュールな方向へ・・・
小学校でも、低学年にはちょっと厳しい(残酷)かもしれません。
一度書店で親が読んでから、これならOKだと思えば買い与えると良いでしょう。

まずは大人が読むべき絵本ですね。
ひらがなと絵で語られる残酷さは、独特の世界観があります。

投稿: TSK | 2005年5月 7日 (土) 11:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12732/3981823

この記事へのトラックバック一覧です: 三丁目が戦争です:

« 三昧 | トップページ | 声出して笑った »