« 瀬戸ジャイアンツ:桃太郎ぶどう | トップページ | FREE SPIRIT 1979.07.14 Johnny,Louis&Char »

2004年9月27日 (月)

レギュラーグリップによるプレイ

いつもの電車の中から独り言

レギュラーグリップの練習で気付いたのは、確実にスネアがもたっている事。

左手の軌跡が不自然なので狙ったビートからズレる。手首もまだ殆ど使えない為、音量は位置エネルギーで稼いでいる感じ。つまり、大きい音を出すには、手を高い所から落としている。これじゃいかん。

特に辛いのはクラッシュシンバル。あの持ち方で高い場所の物体を叩く事は、そもそもマーチングバンドには無い動きだと思う。

幸い、親指の付け根の「締めつけ筋肉」はそこそこ神経が通っているようで、支点のブレはあまりない。支点を意識したままスナップを生かして、左右の音量差を無くさなければいかんです。


レギュラーグリップ?マッチドグリップ?何だそれは?という方はドーゾ

|

« 瀬戸ジャイアンツ:桃太郎ぶどう | トップページ | FREE SPIRIT 1979.07.14 Johnny,Louis&Char »

カホン・ドラム」カテゴリの記事

コメント

目からウロコ、耳からエラでした。

カホン&シンバルの時、どうしても手を下位置から
上に持っていかなければならないため、一瞬「間」が出来てしまう。
どーせカホンだし、しょーがネェべさ。と思っていたのだが、
石川智氏は、シンバルを下から叩いていた。
あ〜そうか。べつに上から叩かなくってもイイんだ!!!
しかし下から叩いてもあまりいい音しない(死)。

投稿: tune-up | 2004年9月28日 (火) 01:02

下からとは、なるほどっすね。
でもいい音しなそう・・・やる前からわかる(^^

じゃあシンバルを裏返しにセッティングして下から叩いてみますか!これ、新しいかも?!

投稿: TSK | 2004年9月28日 (火) 12:31

私なんて大学の楽団の定期演奏会でChinaCym使ったとき、
知らずに裏表逆でセッティングし、
そして最近までそれでいいと思ってたし・・

投稿: cyaco | 2004年10月 1日 (金) 23:13

あーははははははははは!いいね!いいね!カッコイイ!
cyacoスタイルを押し切ってしまえばいいのだ!

「どうよ(フン」

みたいなね。あんたが大将!(^^

投稿: tsk | 2004年10月 2日 (土) 00:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12732/1536029

この記事へのトラックバック一覧です: レギュラーグリップによるプレイ:

« 瀬戸ジャイアンツ:桃太郎ぶどう | トップページ | FREE SPIRIT 1979.07.14 Johnny,Louis&Char »