« 秋刀魚 | トップページ | 芝栄太楼の水ようかん »

2004年9月 2日 (木)

アベンシスは欧州車を超えたか

avensis.jpgアベンシスは欧州車を超えたか - [アベンシス]All About Japan

調子に乗って輸入車に乗っている私にも、なかなか楽しめる記事でした。
「トヨタが作った欧州車」こと、イギリストヨタ生まれのアベンシス。なかなか街で見かけませんよね。

で、このサイトを見て、何よりも一番に驚いた事は

「2リッターFF」

まじで?FFなの?あらまあ、全く気づきませんでした。
あと気になるのは、トヨタらしからぬエグい顔。

「アウトバーンではアベンシスがミラーに映った途端、BMWさえも車線を譲る」

・・・さすがにこのフレーズ、もうやめませんかね?この時点でコンプレックスが見え見え。読んでて恥ずかしくなるんですけど。
高速でぐいぐい迫られたら、どんな車だって譲ります。アベンシスだから譲るわけじゃないでしょ。車間を詰めて来るアホを先に行かせる、それだけ。

アベンシスのインテリアデザインは、日本の「茶室」や欧州の伝統的な「リビング」をイメージして開発された(福里チーフエンジニア)

???オーディオパネルのメタルな感じは、ステンレスキッチンか、若者向けミニコンポを思い出したけど・・いくらなんでも茶室のイメージはないです・・・

アベンシスの日本向けカタログには『ブレーキが鳴くことがある』と入れてもらいました・・・欧州のスポーツカーに使われる高摩擦パッドを使っている・・・(福里)

昔、AUDIのディーラーマンが言ってましたが、国産からAUDIに乗りかえた人は、ちょっとでもブレーキが鳴くと壊れてると思ってクレーム言って来るそうで。だったら国産乗ってろと。言ってましたよ、ディーラーマンが。ええ。

では、実際のオーナーの方の意見・・・

「ブランドやプレミアム性を気にする人は、アベンシスには来ないでしょう。でも僕のように、純粋に道具としての優秀さを求めている者にとっては、アベンシスは最良の選択だったんです」

そうでしょうね。優れた道具ってのは使い込むもの。そこには必ずメンテナンスがつきまとう。となると、維持費の安いトヨタに軍配があがるのは当然。ブランド志向の人は、車に乗ってるわけじゃなくてブランドに乗ってるわけだから。

あと、この車、かなり室内が静からしいです。なんとホイールハウス内側にも吸音フェルトと石跳ね音防止カーペット材を張ってあるそうで。でもその代わりに、タイヤノイズがひどいらしい。おそらく制動距離データを稼ぐ為に、グリップ重視のタイヤをチョイスした結果でしょう。
17インチ45扁平なんてタイヤを標準で付けちゃうからこんな事になってしまう。

せっかく一所懸命ノイズ対策をして、ボディ剛性上げて、最後の最後に45タイヤが唸ってるあたり「トヨタが作った欧州車」って感じがします。でもリッター12キロ走っちゃう直噴エンジンはエライ。そこもやっぱりトヨタ。しかも270万で買えちゃうし。

結論
アベンシスは「たらこスパゲティ」
そんなの本場のパスタじゃない!と言いながら、食ってみたら意外と美味いから、まーいっかー、みたいな。
違うか。
Toyotaアベンシスのすべて ( 著者: | 出版社: 三栄書房 )Toyotaアベンシスのすべて

|

« 秋刀魚 | トップページ | 芝栄太楼の水ようかん »

車・ランチア・デルタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12732/1341248

この記事へのトラックバック一覧です: アベンシスは欧州車を超えたか:

« 秋刀魚 | トップページ | 芝栄太楼の水ようかん »