« 明日、ライブです | トップページ | いのち »

2004年6月18日 (金)

受胎告知

angelico.jpg
それは突然のお告げだった・・・

会社帰り
私はいつものように、自宅最寄駅の2駅前で電車を降り、グイグイとウォーキングに励んでいた。

薄っすらと汗をかき、帰宅と同時にシャワーへ直行。
明日はライブなのでキモチが高ぶっており、曲の聴き込みをしなければと思いながらシャワーを出た。

いつものようにパンツ一枚でお風呂から出てきた私に、奥様が近寄ってくる。

「あのね~・・・」

ん?何かねだられるのか?!と思った私は、間髪いれず「だめー」と言った。

「いや、だめじゃなくてね(^^)生理が来てないんだ。妊娠検査薬で調べたら陽性だったから、明日病院行きたいの。いい?」

「・・・え?・・・生理って・・・」

頭の中が真っ白で、一瞬とまどってしまった。しかも私はパンツいっちょで頭も濡れたまま。

「赤ちゃんって事?マジで?!え?!ほんとに?自分で調べたの?陽性なの?って言うか俺、裸だし(^^)」

嬉しさというより、もうとにかくビックリ。明日のライブは夜なので、朝いちで産婦人科に行く事にした。

妊娠検査薬の精度も良くわからず、半信半疑な私。ドラマで見るような大はしゃぎ!大喜び!大泣き!にはならなかった。でも、何かが心の中に芽生える感触があった。
なんとも言えない期待が膨らみつつ、顔が自然とニヤけてくる。明日のライブの心配事は、すっかり薄れていた。

さて、産婦人科と言うのはどんなものなのだろう・・・

|

« 明日、ライブです | トップページ | いのち »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12732/1767931

この記事へのトラックバック一覧です: 受胎告知:

« 明日、ライブです | トップページ | いのち »