« スタジオ | トップページ | 有楽町献血ルーム »

2004年5月17日 (月)

海外盤CD輸入禁止

海外盤CD輸入禁止に反対する
ITmedia ライフスタイル:あらゆる輸入音楽CDに規制を?――危険な著作権法改正が進行中 (1/4)
私たち音楽関係者は、著作権法改定による輸入CD規制に反対します

海外からの輸入版CDが買えなくなるかもしれません。
皆さんはどう考えますか?

|

« スタジオ | トップページ | 有楽町献血ルーム »

音楽・CD」カテゴリの記事

コメント

どうもこうもありません。私はこの法律、論外だと思っています。
理由は、今様々な場所で語られていると思いますのであえて申し上げません。
この法案を支持している人たちは音楽を聴いた事が無いのではないか?そんな気までしてきます。

投稿: sigeziro | 2004年5月17日 (月) 22:26

代議士センセーは「金」が全てだからねぇ〜。
われわれが出来ることは、そんな政治屋を選出しないことだけ。
ボクらが、選ぶ、ボクらの代表なんだよ。

爆音自由党を創設するしかないな!!

投稿: | 2004年5月18日 (火) 02:06

単純に考えて・・
国内版の価格が高すぎー!
レコードからCDに変わったときに
CDの作成単価が大幅に下がったはずなのに
アルバムの価格は,殆ど変わらない気がします。
(確かに多少安くなってはいますけどね・・)

これが欧米並みに安くなれば、こんな問題には
ならないのかと・・。

いつも苦労や損するのは、一般消費者と中小企業ですねー(>_<)

投稿: WRX | 2004年5月18日 (火) 03:58

そうなんですよね…やりたい放題の政治屋とつるんで、売上の落ちてるレコード屋が
規制特需で乗り切ろうとしている利権関係がありありと見えるんですよ。まるで口笛や鼻歌から著作権料取ろうとするJASRAC同様分別も無く。
更にCDに規格にすら準じていない紛い物CD(CCCD)でコピーを防げば万全とか思っている。
エンドユーザーのプレイヤーが壊れたとしても「断りを入れてるから大丈夫」などと安易に販売してしまう連中が得をするんですよ。
多分、純粋に音楽を求める人と、純粋に作った音楽を聴いて欲しい人が一番ババを引くでしょう。
音楽を造る為のコストでCDが高いのなら文句は無いです。
そうじゃない部分に、金がかかりすぎる。

投稿: sigeziro | 2004年5月18日 (火) 21:38

農家と農協と消費者みたい。
流通にメスを入れるのは、みんな恐いんだろうな。だから奇策で乗り切ろうとする。根本を見ずに。

投稿: TSK | 2004年5月19日 (水) 01:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12732/607860

この記事へのトラックバック一覧です: 海外盤CD輸入禁止:

« スタジオ | トップページ | 有楽町献血ルーム »