« pebama:森広隆 | トップページ | ランチアデルタ書籍一覧:LANCIA DELTA »

2004年3月20日 (土)

カホンかついでスタジオへ:池袋VIVO

今日もスタジオVIVOで練習でした。18:00~21:00。
180cmの男がカホンケースを担いでると、ショーウィンドーに映る自分の姿はかなり「おかしげ」です。それでも自転車に乗る時や、今日のような雨の時は、リュックスタイルが便利です。

ストラップを長めにして背負うと後ろにひっくり返りそうになるので、ストラップはキッチリサイズで背負います。まるでランドセルです。
これで黄色い帽子をかぶれば70年代のコント(小松政夫&伊東四朗)だな・・・と思いつつ池袋北口を後にしました。

練習はMASA君のベースがとってもイイ感じで完成しており、たった2回の練習でさすがぁ~という感じです。ROSSYさんは急遽課題曲になった「あの曲」に苦しんでました。頑張ってねぇ~(他人事)
私はこの年になってまだリズムキープに悩んでます。まだまだガキですね。

頑張ってカホン叩いてたら、打面のネジが知らぬ間に緩んでました。
cajon カホン
やっぱりココはゆるむんだ、と納得。スネアのチューニングボルトと一緒ですね。

さて、明日はまた違うメンバーでスタジオROXYに入ります。これから曲覚えないと・・・。
あ、仕事も残ってるんだ・・・やば・・・。

|

« pebama:森広隆 | トップページ | ランチアデルタ書籍一覧:LANCIA DELTA »

カホン・ドラム」カテゴリの記事

コメント

そこのネジは最近はかなりゆるめて叩いてるよ。
そのほうがバズ音がよく出るし。
(最近気づいた(笑))
まあ、人それぞれだけれどもいろいろ試してみると
面白い。

リズムキープは難しいねぇ。
ドラム出身じゃないオレにとってはもっとむずい。
1分限界っす(爆)

投稿: まーつん | 2004年3月21日 (日) 10:34

んだべ>ネジ
zo-3が教えてくれたんだけどね。
でも叩いてるうちに結構開いてくるのよ。ドライバー必須です。

リズムはね、走ったのを如何にさりげなく元に戻すかが難しい。ウソっぽく戻すくらいなら、そのままの方がいいかな?とか(笑

投稿: TSK | 2004年3月21日 (日) 12:25

ネジの調整はいつもしていないと、
バカネジになり、調整できなくなるよ。
以前はネジを緩めてバズ音を出し易くしていたけど、
リズムが判って来ると音の遅れがキモイので、
最近の調整は全部締め込んで、上半分を
気持ち緩めるくらいのほうが、リズムに乗りやすく
なると思うのだけど、もちろん弦の跳ね返り音がメイン

投稿: たっちゃん | 2004年3月23日 (火) 08:41

音の遅れまでは全然わかってないです、わたくし。
いろいろあるんですね~。

今は、バンドの中では自分の音を8~9割聞いちゃってるレベルで、アンサンブルとしてのカホンとか、そんなレベルには全然届いてません。

がんばんないといかんです。ハイ。

投稿: TSK | 2004年3月23日 (火) 18:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12732/330273

この記事へのトラックバック一覧です: カホンかついでスタジオへ:池袋VIVO:

« pebama:森広隆 | トップページ | ランチアデルタ書籍一覧:LANCIA DELTA »