« googleで上位表示"させない"方法 | トップページ | またキルフェボンのタルトを食べた »

2004年1月21日 (水)

"自動車デザインを考える"を読んで

Finding Lupo:自動車デザインを考えるを読みました。
デルタのデザインについて語っていただいております。

例えばランチア・デルタが走っていると、私は、思わず「かっこいいな~」とつぶやいてしまう。あのデザインを今の成形技術で、当時のデザインで作ったら、どう変わるのだろうか。もちろんデザインが時代を反映している事は私も感じるが、デザイン自体が古くさくなっていないものもある。復刻っていうと違うんだけれど、あのデザインで、もう一度作ってくれないかと考えたことはないだろうか。

さて、実際のデルタオーナー様の意見はいかがでしょう?もともとデルタのデザインは当時のジウジアーロお得意のシンプルで直線的なものでした。私なんかは完全にWRCで勝ちまくりのデルタに惚れたクチでして、おそらく初代デルタのデザインであれば見向きもしなかったと思います(オーナーさん失礼!)
デルタのデザインで語られる点は、とりあえずブリスターフェンダーでしょう。あの野蛮さがイイなんて事になるわけですが、あれはジウジアーロ御大にとっては「まさか」の展開だったと思います。
わたしもそのフェンダーが大好きなのですが、それはイコール「デルタのデザインが好き」って事になるのかは・・・少しだけ疑問でもあります。実際に末期症状(エヴォルツィオーネ)のデザインなんかは、窓から上と下でまるで別の車のような雰囲気さえあります。真横から見たときのボンネットの盛り上がり方も、はっきりいってデザインされたものとは言い難い。その「あたまでっかち感」をバランスする為にルーフ後部にあの看板のような羽を付けたとも思えます。

すっかり長くなりましたが、デルタが現代の技法で復活したら・・・それに飛びつく人は意外と少ないと思います。特にオーナーは拒否反応を示すかも。新型ミニ、ビートルと同じ反応かな?
そのデルタが350ps、4WD、19インチホイールを余裕で収めるブリスターフェンダー、丸目4灯+穴ぼこバンパー健在!ツルシで筑波を1分切るなんて言われたら、それはもう悔しいでしょうね(笑

自論としては「勝てる車のデザインは評価される」って感じかな?ここ読んだ方は、ぜひご意見をいただきたいです。
よろしければ、下の「コメント」をクリックして一言書いてってください↓

|

« googleで上位表示"させない"方法 | トップページ | またキルフェボンのタルトを食べた »

車・ランチア・デルタ」カテゴリの記事

コメント

これ発熱しながら書いたんで支離滅裂なんですよ。お恥ずかしい(恥)。例えば、デルタが147GTAのプラットフォームで復活するなら非常に興味はありますね。BMW・MINIとNewBeetleは賛否両論あるとは思いますが、かなりの成功を収めています。デルタもリファインされたら個人的には嬉しいですね。できればRHDで。でも本当はHF インテグラ-レ エヴォルツィオーネが好きです。でも私のように諸事情で乗れない人もいると思いますよ。難しい話ですね。

投稿: yamjun | 2004年1月21日 (水) 13:12

復活は見てみたいですね。何でもそうですが、好評だったモノの続編には賛否両論が出ると相場がきまってますから、私は拒否反応しちゃうかなぁ?
結局はヒガミなんですよ。高性能化する事への(笑

スカイラインGT-Rが32,33,34と続いた時と似てるかもしれませんね。

でも、新型デルタがマルティニカラーで登場したら、手放しで喜んでると思います
(^^

投稿: TSK | 2004年1月21日 (水) 13:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12732/121320

この記事へのトラックバック一覧です: "自動車デザインを考える"を読んで:

» 自動車デザインを考える [Finding Lupo]
自動車のデザイン画が雑誌などにたまに載っている。デザイン画と実物のギャップに驚いたことは無いだろうか? [続きを読む]

受信: 2004年1月21日 (水) 13:12

« googleで上位表示"させない"方法 | トップページ | またキルフェボンのタルトを食べた »