« スタッドレスタイヤで180キロ | トップページ | 所沢献血ルーム »

2004年1月16日 (金)

ドラムを叩きながら歌うこと - ジョニー吉長

johnny1.jpg
J,L&C - ライブ帝国のDVDを見て、ドラマーが歌う事に関して書いてみます。
ジョニー吉長さんはドラマーになる前はボーカルだったという事もあり、叩きながら歌う曲が多いです。しかもとても艶っぽく。表現力も、またドラマーとしてもすごいなぁと思います。
実は私は、ドラムを叩く時は呼吸も意識するように気をつけており・・・まあこれはポンタさんの教えの一つなんですけど、リズムに説得力をつける為に、シンコペーションに合わせて呼吸したり”吸う・吐く”で音質に変化をつけたりしています(できているかどうかは別として)
絶対誰も気づかないと思いますが、よーく見ると私がドラムを叩いている時は、口と鼻がひくひくしてるはずです。

しかし、歌いながら叩くとなるとこれは大変!ボーカルパートとリズムは必ずしもユニゾンではないので、ロングトーンの時にハットの開け閉めなんてあった日には、絶対に声が「ふがふが」するでしょう。
私がどうしてもやる事になったら・・・"WELCOME FOR MY BABY"あたりかなぁ。日本語だし、リズムがシンプルだし・・・って、意外とやる気になってるかもしれない。おはずかしい。

実は1人でスタジオ入った時は歌ってるって事は内緒です。

▼ジョニー吉長ドラムセミナーの模様
http://tipo831.hp.infoseek.co.jp/seminar.html

|

« スタッドレスタイヤで180キロ | トップページ | 所沢献血ルーム »

カホン・ドラム」カテゴリの記事

コメント

ジョニーさんと一度セッションできたら、もう俺の人生、思い残すことはありませーーーん。 だれか、ドラム叩いてくれ~~~~。

投稿: 若茶 | 2004年3月12日 (金) 09:47

いらっしゃいませ!
生のジョニーさんはめちゃめちゃ細くてカッコ良くて気さくで優しかったですよ(^^
足を怪我してたんですが、もう完治したかなぁ

投稿: TSK | 2004年3月12日 (金) 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12732/105120

この記事へのトラックバック一覧です: ドラムを叩きながら歌うこと - ジョニー吉長:

« スタッドレスタイヤで180キロ | トップページ | 所沢献血ルーム »